「ジョムティエンビーチ」から再び「タップラヤロード」を経て、再びあの「ウォーキングストリート」を通り。

 

その後ゴール地点の「センタン」(セントラルフェスティバルパタヤビーチの略)へ。

 

すでにコンデジのバッテリーは切れ、iphoneはありましたがウエストポーチから取り出すのが面倒なのでしかたなしにゴール後に撮ればと思ってそのままにしておきました。

 

が、以下に紹介する画像は自分で撮ったものではありません。

 

f:id:tranning:20160805230224j:plain

 

自分は基本的には画像がない記事はアップしないのですが、自分で撮ってはいないのですがあるランナーが次から次へとゴール間際の画像を送ってくれます。

 

f:id:tranning:20160805230339j:plain

 

日本で言えば「オールスポーツ」の様なサイトからの画像の様ですが、恐らくそのままコピーをしたものなのではないかと思いますが、ブログでしたら問題ないのかただすでにfacebookにも画像アップしていますので恐らくタイではそんなにうるさくないのでしょう。

 

そのランナーは、見渡す限り他に仮装で走っているランナーはいなかったのでもちろんタイ人のバンコク在住のランナーですが、途中でお互いを意識し合い丁度「ウォーキングストリート』から一言二言話をし(お互いに片言の英語ですが)、結局は一緒にゴールをしました。

 

この「覆面ビキニランナー」(名前Narat),この引き締まったボディー、素顔はイケメンです。

 

他に目立った仮装のランナーはいなかったので、最後のゴールへの道の両側からの歓声が並外れていた。

 

f:id:tranning:20160805230423j:plain

 

f:id:tranning:20160805230444j:plain

 

f:id:tranning:20160805230512j:plain

 

f:id:tranning:20160805230629j:plain

 

f:id:tranning:20160805230713j:plain

 

f:id:tranning:20160805230735j:plain

 

f:id:tranning:20160805230754j:plain

 

そしてゴールをしてからが大変、何十人のランナー、観客の方を含め写真を撮って貰ったことでしょう。

 

テンションが最高に上がっています。

 

おかげで「フィニッシャーTシャツ」を貰うのを忘れてしまった・・・。

 

結局走ったタイムも全く分からず。。。

 

この後ホテルへ向かう道でも地元の消防団の様な方、ポリスからも一緒に写真を撮りながら、この格好でホテルの部屋迄帰ったのでホテルのフロントスタッフ、ハウスキーパーからも祝福を受けました。

 

f:id:tranning:20160805230925j:plain

 

f:id:tranning:20160805230955j:plain

 

結局自分のiphoneで撮って貰ったのはこの下の画像のみ。

 

この「覆面ビキニランナー」、他の何人かとfacebookのアドレスを交換。

 

レース後もメッセージがどんどん来ます。

 

昨日もこの覆面、ビキニで「大阪マラソン」走りたかった様だが、「仮装禁止」の案内が出ていたのでどうしたものかと、メッセージが来ました。

 

「大阪」より「東京」の方が仮装の規制がないよと返事をしておきましたが。

 

f:id:tranning:20160805231116j:plain

 

今回のレース、受付からスタート、コース、ゴールを含め日本の方と一人も会っていなく日本語全く話す事がなかった。

 

ランナー、沿道の方、給水所のボランティアスタッフから声を掛けて貰えますが、それでも皆一言、二言なので英語の単語を並べた会話ですべて通じます。

 

こんな事があるので海外での仮装ラン、やめられません。

 

日本国内での仮装はレベルがどんどん高くなってしまい、この程度は全然目立ちません。

 

海外ではキャラも皆知っているヒーロー物がやはりインパクトがあるようで、日本独自のものは逆に凝っていても分らない場合があるかもしれません。

 

いずれにしても海外でのレース参加もそうですが、どうせ参加するには目立つ様なコスチュームで走る事絶対にお勧め!!

 

 

f:id:tranning:20160805231214j:plain

 

以上で「パタヤマラソン2016 」のコースレポを終了します。

 

また次回からはタイのバンコク、パタヤ、サメット島の訪問した処のレポートになりますので今回も飽きずにお付き合いを、恐らく当分続きます。。。。。。

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

tranning.hatenablog.com

 

 

 

2007年から10年近く続けているブログが下記の「アメブロ」です。 

最新の記事は重複していますが、画像を縮小しないと掲載出来ないのでフルサイズでもOKのこちらの「はてなブログ」にも同時に掲載し始めました。

こちらの「アメブロ」には過去の旅、各地のマラソン大会に参加したレポート等を掲載していますので、是非ご覧になってください。

↓↓↓

「TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn」

 

 年に何回か旅に出た時の報告の記事を画像中心に紹介しています。

さも今現地にいる様な感じで大量に撮ってきた画像をむやみやたらに掲載し、更新していて何か申訳ない感じですが、今後の旅情報として少しでも参考にしてください。

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方は必ずお願いします。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

人気ブログランキング

 

 

f:id:murasakai:20160311213746j:plain

「記事を読んだ」「本を読んだ」
果たしてそれは、本当に読んだといえるのでしょうか。
社会問題がコンテンツと化している昨今、みんなの言う「読んだ」は、読んだとはいえないように感じます。

 

 わたしからすれば、文中で言われていることの本質だとかに気づけてようやく「読んだ」と言えます。

「みんながああ言っているからこうだ」とか考えるのではなく、自分の言葉で説明できるようになってなんぼです。
文字を読むことぐらい誰にでもできるでしょう。その裏にあるものに気づけなければ「読んだ」とは言えません。

短文にしろ長文にしろ、やることは変わりません。
何を言っているかに着目し、自分で考察する。
情報量が多いにしろ少ないにしろ同じ。論理構造を理解し、自分の意見を持つだけです。

最近の事例ではツイートまとめ記事。
あれは従来までの長文とちがって短文の寄せ集めですが、根本は全く同じ。
断片化した情報から本質を見抜き、何を言っているかを考える。これが「読む」ということです。

 

コメント欄に惑わされるようではまだまだ

自分では読んでいてすごく共感できたけど、記事のコメント欄にネガティブなことが書かれていた。
みなさんにはこういう経験がおありでしょう。
そういうときにコメント欄を気にし、自分の考えを変えてしまってはいけない。
コメント欄に惑わされず、自分の意見を持つようにしましょう。

「あのひとはこう言ってるけど、わたしはこう思う」
これ、すごく大事です。
みんなが誰かを叩いているからといって、あなたがそれに参加する必要はなし。
いじめが間違っていると気づいたならば参加する必要はありませんし、みんなが間違っていると思うのならば自分が正しい方向にいけばよいのです。

そもそもの話、自分の意見が正しいかどうかを他人に聞く時点で間違っています。
意見が意見である以上、それはあくまでもあなたのもの。
ブラックかどうかもあなたが決めることですし、読んだ本がいいかどうかもあなたが決めること。
オピニオンを他人任せにするということ自体がおかしいのです。

こう考えると、読書というものが奥深いように感じるでしょう。
そうです。読むという行為は意外と深く、他人と議論したり自分で考えるのまで含めて読書です。

 

ただ数をこなせばいいってもんじゃない

たまに「○○冊読みました!」みたいなことを言うひとがいますが、それは本当に読んだといえるのでしょうか。
強調すること自体は否定しませんが、目を通しただけで満足してはいないでしょうか。
読んだ後に考えなければ何にもならないでしょう。ただ数をこなせばいいってものではありません。

本を読んであなたはどう思うのか。
読み終わったら考える。これの繰り返し。
せっかくお金や時間をかけて読むのですから、できるだけ多くを得たいものです。

この記事を読み終わったら、文中で何を言いたいのか考えてみましょう。
単に読書に限らず、リテラシーまわりのことだと気づくはずです。
記事を読むのであれば、何を言っているかについて考える。
それをやってようやく数こなすことが生きてきます。

深いというか、

単なるニートの吐露になるよね(笑)

 

これ、どんな歌詞につけてもけっこう面白くなる。

 

とくに前向きな歌詞に。




Bzの歌詞に「俺仕事ないけど」を付けると深いwwww : 2ch walker
いつまでも手を繋いでいられるような気がしていた俺仕事ないけど ...

Bücher-Detail : Sternkarte für Einsteiger: Die Sternbilder sicher erkennen wurde von Hermann-Michael Hahn geschrieben denen als Autor bekannt und haben viele interessante Bücher mit großer Geschichte erzählen schrieb. Sternkarte für Einsteiger: Die Sternbilder sicher erkennen war einer der populer Bücher auf 2016.Es enthält 4 Seiten und auf der E-book, Hardcover Format. Dieses Buch war sehr überrascht, wegen seiner 3.2 Bewertung und bekam etwa 2243 Nutzerkritiken . Also, nach Abschluss dieses Buch zu lesen, empfehle ich für die Leser nicht dieses große Buch unterschätzen . Sie sollten Sternkarte für Einsteiger: Die Sternbilder sicher erkennen als Ihre Leseliste nehmen, oder Sie werden es bereuen werden, weil Sie nicht haben es noch in Ihrem Leben zu lesen.

Livres Couvertures de Sternkarte für Einsteiger: Die Sternbilder sicher erkennen

Sternkarte für Einsteiger: Die Sternbilder sicher erkennen Bücher-Beschreibung

Sternkarte für Einsteiger: Die Sternbilder sicher erkennen : Sternkarte f


Bücher-Detail : Tabellenbuch Elektrotechnik: Tabellen - Formeln - Normenanwendungen wurde von Heinz O. Häberle geschrieben denen als Autor bekannt und haben viele interessante Bücher mit großer Geschichte erzählen schrieb. Tabellenbuch Elektrotechnik: Tabellen - Formeln - Normenanwendungen war einer der populer Bücher auf 2016.Es enthält 560 Seiten und auf der E-book, Hardcover Format. Dieses Buch war sehr überrascht, wegen seiner 3.4 Bewertung und bekam etwa 2856 Nutzerkritiken . Also, nach Abschluss dieses Buch zu lesen, empfehle ich für die Leser nicht dieses große Buch unterschätzen . Sie sollten Tabellenbuch Elektrotechnik: Tabellen - Formeln - Normenanwendungen als Ihre Leseliste nehmen, oder Sie werden es bereuen werden, weil Sie nicht haben es noch in Ihrem Leben zu lesen.

Livres Couvertures de Tabellenbuch Elektrotechnik: Tabellen - Formeln - Normenanwendungen

Tabellenbuch Elektrotechnik: Tabellen - Formeln - Normenanwendungen Bücher-Beschreibung

Tabellenbuch Elektrotechnik: Tabellen - Formeln - Normenanwendungen : Tabellenbuch Elektrotechnik: Tabellen - Formeln - Normenanwendungen wurde von Author : Heinz O. H


gentleman'slib

2018/12/20

入手してすぐに聞けないこの悲しさ…。(^^;;  でも、今日やっと、ラジカセに押し込みました。

よくわかんないなぁ〜、というのが、今のところの感想でしょうか? P&Dで複雑になって、さらにその路線を走ってるってのはもれ聞こえてきていましたが、すっかり「置いていかれた」って感じです。確かにこれまで、「こんな音楽やってます」みたいなのが何も見えてこなかったわけでから、それはそれで、私はMOON CHILD の音楽を聞くひとりとしては1年前の状態で立ち止まってたわけす…。別になまけてたわけでもないんですけど。だから、もし、何も前置きがなくってこの曲達と出会っても反応しなかったかもしれませんけれども、これまでのMOON CHILD なりを知っているから、好きだったから、新しいアルバムを手にして「どうなってるんだろう?」って思ってるのでしょう。スルメとして期待してます。…、ていうか、そういう予想は大いにあります、歌詞を深読みする楽しみもありますし。第一印象では、「New brighter day」(インスト)でしょうか?(笑)

それにしても、一番「おぉ!」と思ったのは、ジャケット裏の楽器たち。見慣れたエレキがいっぱいあって、嬉しかったのでした。あぁ、私も練習しなくちゃなぁ〜〜。(^^;;

昨日になりますが、渡辺さん、お誕生日おめでとうございます。メインボーカルとしての歌声を聞きました。収さんと違ってパンチないんですが、またそれはそれで、違った魅力をアピールといったところでしょうか?

何はともあれ、「これは売れるように!」って感じじゃないだろう…。マニア(って誰? 元からファン?)うけはするでしょうけど。そもそも、「紳士」って感じがしない。いや、私のもともと持ってた「紳士(上品で礼儀正しい男)」のイメージと違うのでしょう、ううう。なんか、メジャーの作品じゃないので、いざメジャーデビューで「売れる」ことをある程度は視野に入れた場合、どういう形で攻めてくるのか…。

まずは、17日にお手並み拝見!?

週末に、フランスパンバージョンの「ホット挟まない」を作ってみました。

 

 

ホット挟まないとは

「ホット挟まない」というのは、わたしの大好きなデイリーポータルZで提唱されていた、 挟まないホットサンドのことです。詳しくはリンク先を読んで頂ければと思います。めっちゃ美味しそうです。ちょうどホットサンドメーカーも家にあったので、週末に「ホット挟まない」に挑戦してみました。

ほっと挟まないフランスパンバージョン

なぜフランスパンになったかというと、家にフランスパンがあり、食パンとご飯がなかったからです。しかもわたしは数日前から糖質制限していて、本来ならば炭水化物は控えるべきだったのですが、こういうのはすぐにやらないと忘れちゃうので、やむなしです。

 

f:id:buchineko_okawari:20160111151337j:plain

まずはセオリー通りとろけるチーズを並べます。油を敷く必要はありません。うちのホットサンドメーカーは中央に筋の入ったタイプでした。

 

f:id:buchineko_okawari:20160111151341j:plain

ホットサンドメーカーを閉じたときに軽く引っかかるくらいの厚さに切ったフラスパンをのせます。このとき、フランスパンが固くなっていた場合は、軽く水で濡らすとよいです。

 

f:id:buchineko_okawari:20160111151344j:plain

冷凍庫で眠っていた生ハムを取り出して、パンの上にのせました。ここはベーコンでも良さそうですが、ハムのようなものよりは若干脂分があるもののほうがおいしくできるように思います。

 

f:id:buchineko_okawari:20160111151349j:plain

ギュッと閉じます。結構昔から使っているので年季が入った風貌です。

 

f:id:buchineko_okawari:20160111151354j:plain

焼き上がり。とろけるチーズがカリッカリに焼けておいしそう。思わず笑顔になる瞬間。

 

f:id:buchineko_okawari:20160111151355j:plain

実際にカリカリしています。なお、かなり焦げやすいので中火で様子を見ながらやりましょう。油断すると黒焦げになります。

 

f:id:buchineko_okawari:20160111151350j:plain

裏側。なんだかおしゃれな感じになりました。余談ですが、生ハムは焼いても美味しいですよね。いちじく等を生ハムで巻いて表面をフライパンなどで軽くソテーする食べ方もかなり好き。これに粒黒胡椒をガリガリと挽いてできあがりです。

 

f:id:buchineko_okawari:20160111151357j:plain

冬の定番、白菜とベーコンのスープを添えて。同じようなものはオーブンでもできそうなのですが、ホットサンドメーカーで作るほうが手軽で良いと思いました。あと両面カリカリなのはなかなか美味しかった。

 

そのうち、ご飯で作るほっと挟まないにも挑戦してみたいです。具は油揚げと佃煮みたいな渋いやつがいいなぁ。

他の作ってみた記事

卵焼き用フライパンで作るたこやき「カクたこ」を作りました。おいしかった。

 

分厚いステーキを自宅で焼いてみた。これもおいしかった。

 

米沢牛でご飯と雲丹をくるっと巻いて食べてみた。至福。

f:id:masaniisan:20160308205829j:image

革バンドの腕時計ユーザーに絶対オススメなDバックルとはなにか

腕時計のバンドには金属製のものと、革製のものがあります。革バンドのほうがフィット感は良いと思いますが、欠点もあります。

それは、付け外しが面倒だということです。

これが嫌でメタルバンドの時計を使っている方も多いのではないでしょうか?

さらに、輪をくぐらせてピンを刺し、また革のリングにくぐらせる、ということを何度も繰り返すので、どうしても負荷がかかり、バンドが劣化しやすくなります。

しかし、この欠点を解消し、メタルバンドのようにワンタッチ着脱を可能にするアイテムがあることを知りました。
それがDバックルです。
今回、自分の時計に導入してみて、いたく気に入ったのでご紹介してみたいと思います。


色々高級品もあるらしいですが、通常のレベルのものであれは4000円程度で手に入ると思います。替えのバンドも安いものでもそれくらいはすると思うので手は出しやすいのではないでしょうか。


では、どんな感じか写真でご紹介します。
メタルバンドと同様の折り返しタイプと、観音開きタイプがあるらしいです。
僕は観音開きをチョイス。

時計をつけた状態はこんな感じ。
手首の内側センター付近の金具が見えるでしょうか?
f:id:masaniisan:20160308204645j:image
開けるとこうです
f:id:masaniisan:20160308204802j:image
上下に出っ張った部分を押すと、ぱかっと開きます。上のスイッチが、先ほどの付けている状態の写真でも少し見えていますね。

閉めたところ
f:id:masaniisan:20160308205936j:image

開けたところ
f:id:masaniisan:20160308205829j:image

裏側
f:id:masaniisan:20160308210023j:image

この突起がセンターの金具にハマって固定されます
f:id:masaniisan:20160308210804j:image

透明人間の装着時を再現してみます。
f:id:masaniisan:20160308201318j:image
この状態で手首を通したところを想像してみてください。

f:id:masaniisan:20160308210436j:image
f:id:masaniisan:20160308205446j:image
もともとの金具のついていた側を先にハメます

f:id:masaniisan:20160308210529j:image
f:id:masaniisan:20160308205647j:image
輪っかに先端を通しながら、反対側もハメます。

カチャッとはまるので実に簡単ですね。

サイズ調整も簡単。
この金具の根元、ベルト穴のところを起こすと
f:id:masaniisan:20160308210913j:image
こうなっています。
f:id:masaniisan:20160308210949j:image
ピンのような突起が穴にハマるようになっていますので、ピンを刺す穴の位置をお好みで変えて固定するだけです。


標準の金具よりもどうしても大きいので、つけている感は増しますが、この着脱の容易さに、僕としては買ってよかったと心から思いました。

ただ、感じ方も人によると思いますので、こういう時計を持っている人がいれば、現物で試させてもらったほうが無難かもしれません。
時計屋さんが自分の時計にも使っていることが多いんじゃないかと思います。

今回は、マニアの方には常識かもしれませんが、僕のようなシロートは調べて初めて存在を知り、そんな便利なものがあったなんて!もっと早く知りたかった!と思ったので、エントリにしてみました。